Blog トレッキング 2014年10月   2013年3月へ    トップへ

------------------------------------------------------------
10/6:大型台風18号が南側を通過。風と雨もたいしたこと無く、ほっとした。
 東海、関東は被害が出ている模様。
 極楽寺山を歩いてみるが、小枝、葉の散乱くらいで、こちらはほとんど
 被害は無い。
------------------------------------------------------------
10/12:会の山行で己斐峠〜鈴ケ峰の縦走、13名参加。
 己斐峠でボンバスを下り、国泰寺の横から取付いた。 こちらは階段が多く、
 急登であある。尾根の終端から取付く道もある。
 柚木城山〜草沼道路を横切り、鬼ケ城山〜鈴ケ峰で昼食。その後西鈴ケ峰を往復して、
 井ノ口へ下りた。途中栗のイガが沢山あったので、よく見ると実があり、皆の目で見ながら下ると、
 10個は拾っただろう。14:10には広電の電停に着き、早めの帰宅となった。
 歩行距離:10.5Km、歩行時間:3H26m、総歩行時間:5H28m
 ------------------------------------------------------------
10/14:大型台風18号に続いて、19号が日本列島を襲った。今度は広島の近くなので、心配したが、
 雨、風ともにたいしたことは無く、まず一安心。
------------------------------------------------------------
10/15:台風19号後、極楽寺山を歩いてみるが、こちらもたいしたことは無い。
------------------------------------------------------------
10/19:会の山行で"行者山〜傘山へ。まさにピーカンで暑かった。
 傘山は尾根を縦走し、谷筋の道をキャンプ場へ下る。
 前回は傘山をピストンして、川傍の整備された道を歩いたが、こちらの方が
 時間は短いようだ。ログをみてみると、距離的にはほぼ同一である。
 尾根歩きの方がアップダウンがあるので、時間がかかるのだろう。
 歩行距離:9.63Km、歩行時間:3H57m、総歩行時間:7H54m
------------------------------------------------------------
10/29:日浦山登攀コースの下見。下から@、A、Bと三つのルートがある。
 11/16のメンバーはCL,SLが男性で、4名が女性で岩登りは初めてという顔ぶれ。
 下見の目的は、岩登りは初めての人がルートを時間内に行けるかどうかを
 調べるため。
 結果は問題あり、@はワイドクラックで抜け口のアブミに乗れないだろう、
 Aはステミングと、 レイバックで登る必要があり、初めての人には無理だろう。
    さらに、ザックを背負ったままクラックを登れないので、荷物を引き上げる必要が
  あり、時間がかかる。
 Bは広めのクラックでフィックスもあり、これなら登れるのではないかと結論した。
 念のため9mmのロープで確保することとし、ヘルメット、ハーネス、スリング、カラビナ
 を準備する。
------------------------------------------------------------
11/2:会の山行で大型バスの貸切で比婆山へ(総勢39名)。麓の方は紅葉が丁度見ごろであった。
 吾妻山ロッジにバスを止め、37名で吾妻山を目指す。曇天で雨が降りそうだったが、出発。
 頂上ではガスが晴れて、周囲が見渡せた。大膳原を歩いていると、ポツポツ振り出し
 カッパを着る。鞍部のベンチまで行き、昼食とする。
 雨もあがったので、御陵から六の原へ下ることとする。
 高度が上がると、紅葉は過ぎて、落葉が始まっていた。
 御陵から六の原へは長い下りでうんざりした。
 歩行距離:17.9Km、歩行時間:3H30m、総歩行時間:4H57m
------------------------------------------------------------
11/4:先日日浦山登攀の下見をやったので、本日は登山コースの下見。防衛省の官舎の所から
 上り始め、地獄岩に寄り道をして、頂上へ。それからさらに北に向かい、安芸中野へ下った。
 それでも12:16には駅に着き、解散にははやすぎるので、リーダはなにか考えるだろう。
 歩行距離:8.15Km、歩行時間:1H52m、総歩行時間:3H19m
------------------------------------------------------------
11/16:会の山行で日浦山へ。登山コースと登攀コースに分かれた。私は登攀コースのサブリーダの
 役でメンバーは7名。東ピークの抜けは2.5Hかかったが、中ピークや西ピークは慣れのせいか
 それほど時間がかからず完了した。東ピークにはアブミに乗る所があり、慣れていない人は
 怖かったらしい。
------------------------------------------------------------
11/17:いつもの様に、極楽寺山へ行って、帰る途中クライミング仲間のTさんと出会う。
 最近又クライミングを再開したというので、日浦山のコースを伝える。興味ありそうだったので
 多分行くだろう。 日浦山登攀のため、アシーズでハーネスを借りていたので、返しにいく。
 軽トレッキング用の靴が傷んだので、新しい靴を物色したが、Vasque Breeze 2.0が軽くて、
 ゴアテックス仕様で、安かったので決めた。TechnikaとVasqueは2足を交互に履いて、2年半で
 サイドのゴムが切れた。  修理可能とのことなので、依頼する。1足をほぼ毎日履くと、
 1年で張替えたが、2足交互だと2年半もつので、妥当であろう。
------------------------------------------------------------
11/21:11/18,19,20と新しい登山靴で極楽寺山へいったが、不具合はなかった。
------------------------------------------------------------
11/21:靴の調子がいいので、極楽寺山を2回往復する。
 最後のアスファルト道路でちょっと痛くなったが、靴を脱いで5分位で良くなった。
------------------------------------------------------------
11/21:クライミングシューズのエッジが磨り減って、滑りやすくなったので、リソールを
 考えた。今気に入っているのは、スポルティバのテスタロッサであるが、廃盤になったのか、
 国内ではインターネットでも合うサイズは手にはいらない。
 たまたま検索しているとヨーロッパ スペインの会社でみつけた。在庫もあるようだ。
 金額も\16,000程度なので(日本の販売会社では¥22.000程度)すぐ注文した。
、ついでにグリグリIIとBD ATCスポーツも注文。
 11/3に注文して、11/21に配達。ヨーロッパ製品はやすいが、USA製品は日本で
 買うほうがやすい。
------------------------------------------------------------
11/22:UAAAのメンバーを案内する下見も兼ねて、宮島弥山に行く。紅葉は見ごろで、
 人も多かった。紅葉谷から登り、大聖院に下ったが、下りはほんど階段なので、
 結構きつかった。靴はまずまずで、最後の東屋で念のため靴を脱いで、マッサージ
 をしておいた。
------------------------------------------------------------
11/23:UAAAのメンバーを弥山に案内の本番。私の担当はBコース、通訳担当で、
 ロープウェイで上がって、紅葉谷を下るコースでロープウェイの混雑が心配だったが、
 それほどでもなかった。 しかし、頂上に上がると歩き組とほぼ同じであった。
 人出は一昨日よりかなり多く、帰りのフェリーは待ちがあるかと思ったが、なんとか乗れた。
------------------------------------------------------------
12/7:会の山行で似島 下高山へ。朝は寒かったが、段々気温が上がり、登山道を行く頃は
 日もさして、あたたかだった。時間がたっぷりあったので、ゆっくりあがり、
 のんびりハイキングムードだった。
 牡蠣の出荷兼販売所でムキミ500gを買って帰り、酢牡蛎で一杯やったが、おいしかった。
 スーパーの牡蠣はちょっと不安だが、牡蠣打ちの場所で買えば安心して、生で食べられる。
------------------------------------------------------------
12/8:例によって極楽寺山へ。晴れで気温も高く、暑いと思ったが段々雲が多くなる。
 山門手前で常連に出会うと、四国"石鎚山”が見えるとの情報があり、急いで展望台に
 あがる。石鎚山頂、天狗ケ峰、瓶ケ森の頂上が見えた。春と秋の空気の澄んだ時にしか
 めったに見れない。30分後には雲に隠れて見えなくなった。と同時に黒雲がたち込め
 ポツポツ落ちだした。家に着いてから、雨粒が大きくなりギリギリセーフ。
------------------------------------------------------------
12/12:極楽寺山登山3,700回となる。 
------------------------------------------------------------
12/14:会の山行で小屋浦の天狗岩へ。朝の廿日市の気温は-0.1度で寒かったので、ダウンジャケット
 やオーバーズボンを着こんで行ったが、登り出すと暑くなり、汗をかく前に脱いだ。
 天狗城山迄行くつもりだったが、用事のある人がいて、ショートカットで小屋浦に下りた。
 今度は早く下りすぎて、1時間ほど早く着いた。
 歩行距離:38.5Km、歩行時間:3H15m、総歩行時間:6H
------------------------------------------------------------
12/21:会の山行で宗箇山へ。本年8月の集中豪雨で、登山道が荒れているが気をつければ、
 通れるとのことなので出発。谷筋の道は数箇所崩れていたが、一応通れるようになっていた。
 忘年登山で早めに登って、三滝寺で来年の安全登山の祈祷をしてもらった。
 その後、三滝ライオンズ道場で忘年会。運動した後なので、竹原のお酒で酔いがよく回り、
 帰りの坂道でちょっとフラついた。
 来年の総会で使わない物、いらない物を持ち寄る話を出しておいた。
------------------------------------------------------------
2016年
------------------------------------------------------------
1/2:極楽寺山へ。前日雪だったので、車で登山口まで送ってもらう。
 予想通り山陽道の橋の所で凍っており、なんとか登山口迄車で上がれた。
 極楽寺でお参りして、福茶を頂く。
 毎年の恒例で、その年の茶碗の由来を聞くのが楽しみだ。
 今年は先代の住職が焼いたという、十二支の文字が書かれた茶碗で抹茶を頂く。
 今年は未なので、その部分で飲んでくださいとのこと。
 最初に昆布の入ったお茶、続いて黒豆、山椒の実、梅の皮の入った抹茶を頂く。
 お茶の作法はまったく知らないが、今年の抹茶はおいしかった。
 福が沢山来ます様に。
------------------------------------------------------------